クレジットカードイラスト

クレジットカードの審査について

今や、お買い物にクレジットカードは欠かせません。私も何枚か持っています。

クレジットカードを作る際には、必ず審査というものが行なわれます。これはカード会社がこの人には支払い能力があるかということについて調べているのです。

審査は申込み書の確認から

まずは、申込書の内容から確認されます。年齢や勤務先・勤務年数・勤務形態・年収、居住先・居住年数、家族構成や自宅電話などについて、それぞれ点数づけを行なっています。この点数付を「スコアリング」といいます。点数によって、審査の可否や利用限度額が決められます。これは、カード会社やカードの種類によって基準が違いますので、あるカードが作れなくても、作れるカードというのも出てきます。主婦でも入りやすい流通系(スーパー)のカードや、学生可のものなどは、作りやすいカードと言えるでしょう。肝心なのは、嘘を書かないことです。裏付けを取りますから。

過去の利用実績のチェックも

過去の利用実績については、個人信用情報機関というところで調べられています。他のカードで遅延がないかや、自己破産等、解約、所有枚数などが調べられます。それらに問題があると作りにくくなるので、少額でもいいから1年間はきちんと払って実績を作りましょう。

在籍確認について

勤務先に対しては在籍確認が電話で行なわれています。これは、会社の電話に出た方が対応して、気づかないこともあるかもしれません。本人に代わって話をする場合や、自宅へ確認の電話がかかってくる場合もあります。

個人投資家など、勤務先がないと厳しい

FXや株式投資で所得がある場合、クレジットカードの審査に通るでしょうか。勤務先には、当然、未記入ということになります。当日発行のクレジットカードで、店頭にてその場で審査されるもので、しばらく待ったのち、結果として作れないということになりました。

やはり個人投資家というのは信頼が低く、クレジットカードの対象外となるのがわかります。あくまでも、社員という地位・肩書きでしか判断せず、これがもっとも信頼される身分です。

クレジットカード会社の審査基準が甘い会社というのは存在しないと考えられます。甘いと書いていても、前提として正社員を求めるのは変わらないし、一定の安定した収入が必要というのはどの会社でも一緒です。